龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2012年10月号 文学部 A.N

レポート作成文学部 N.A

この一年を振り返って(留学前と今を比較してかわったところ等)

この一年を振り返り、留学前と今を比較してみると、私のなかの積極性が伸びたのではないか、と思います。日本にいる時はそこまで、積極性を示さなかったり、行動的ではなかったのですが、留学に来てみると自分がいかに積極的になれるか、いかに行動的に活動できるかが重要でした。

始めは語学も全然できず、友人もあまりいなかったので手持ちぶさたでした。しかし、せっかく留学に来ているのに学校と家の往復だけでは、面白みも何もないと思い、友人を通して韓国人の友人を紹介してもらったり、なにかの行事があるときは興味がないことでも全て参加しました。そうして過ごすうちにだんだん生活にも慣れ、友人も増えていきました。いま振り返り、自分でもびっくりすることは、韓国語がほとんどなにも出来なかったにもかかわらず、留学当初、頻繁に韓国語しかできない韓国人の友人に会っていたことです。私の知っている数少ない韓国語のみで会話をし、一緒にご飯を食べたり映画を見に行ったりしました。伝えたいことが、言葉に出来ないことが何度もありましたが、そのたびごとに、私の言葉を待ってくれ、間違っていたら直してくれたり、そういう場合はこのように述べたら良い等、教えてくれ、すごく勉強になりました。語学を勉強する際、このように友人との会話を通して学ぶことがとても多かったです。

韓国に留学にくる日本人はすごく多いので、普段も日本語を使うことが大半です。そのなかで、韓国語にふれるためには、積極性が非常に大切でした。

 

帰国後どう留学経験を生かす予定なのか(帰国後の予定)

私はゼミで韓国に関することをテーマに研究していたので、日本に帰ってからもそのテーマでの研究を進めようと思っています。そのためにこの一年間で学んだことはもちろん、自分の専門的な分野は、史料を集めて持ち帰り、それを活用しようとおもっています。また、日本にいるときは語学力の問題で、日本語文献しか扱うことが出来ませんでしたが、帰ってからは韓国語文献にも手を伸ばしてみようと思います。語学だけでなく、この一年で韓国の文化や風習も学ぶことができたので、それらのことも、文献等を扱う際に理解が深まる助けになるのではないかと思います。

また、身についた語学力を下げさせない為に、日常生活で韓国語を使って過ごせるようにしたいと思っています。まだ具体的な計画はありませんが、なにか良い方法がないか日々考えています。そして就職の際には少しでも韓国と関わりのある仕事ができたらな、と思います。

 

自由テーマ

韓国にいるあいだ、長期休みや祝日を利用し、ソウルを離れて旅行したりしました。韓国は日本と同様、方言が非常に多い国の一つです。旅行に行くごとに、その土地の方言を聞くことができるので、それも一つの文化体験で楽しかったです。

韓国は日本に比べると交通費がずいぶんと安いです。私は泊まりがけで旅行するときは高速バスを利用し、日帰り旅行をするときは地下鉄、タクシー等を利用しました。また外国人であれば、高速バスに無料で乗車することもできので、あらかじめ調べてから旅行するといいと思います。この他にも外国人に対する割引制度等がいろいろあるので、それらをうまく利用するといいと思います。

また、韓国に留学すると、外国人登録証を必ず持ちます。これがあると、普段の旅行では申し込めない音楽番組の観覧に応募し、当選すれば実際に収録現場で視聴することができます。ソウルはテレビ局も多く、芸能人、歌手も多いので興味のある人はこういうものも調べて申し込むと楽しめると思います。私はK-POPに興味はなかったのですが、友だちの誘いで音楽番組等を視聴し、何度も歌手を直接見ました。実際に見て、直接歌声を聞くとだんだん興味も沸き、楽しかったです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.