龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2012年9月号 国際文化学部 M.K

レポート作成国際文化学部 K.M

授業紹介②

大学後期は週一回の授業を二つ受けることにしました。二つとも韓国語を学ぶ授業です。そのうち一つを紹介しようと思います。「作文と発表」という授業で、名前通り韓国語で作文と発表をします。この授業は外国人対象の授業なので受講者に韓国人学生はいません。主に大学一回生対象なので語学堂を終えて大学に入学したばかりの学生が多く、国別にみるとやはり中国人が半分以上を占めています。作文はいきなり文章を書くのではなく、文章書くにあたって必要なことを学びます。会話で使う「~です、ます」とは違う「~である」の形に直す方法を学んだり、韓国語は日本語と違い単語と単語の間を適切な場所で分けて書かなければいけないのでそれについて学んだり、最近の授業では外来語について学びました。外来語は韓国語表記と発音が異なることもあって覚えなければいけないのでややこしいです。あとは正しく文章を書けるように練習したりします。語彙や助詞を正しく使えるように練習します。今までの授業の中で外国人が実際に間違えて書いてしまった文章を使って、それを正しく訂正します。その国にある表現をそのまま韓国語に翻訳して使ってしまうケースが多いらしく全く理解出来ない文章も出てきました。それも正しく直すのはなかなか難しいです。今、授業が三回まで進み筆記の基礎について学びました。次からの授業でさらに文章作成について学び、発表をする時に大事な点についても学んでいきます。途中一回の中間考査、最後にも試験があります。発表は一人一回しかないですが、点数が高いのですごく重要です。午前中の語学堂が終わってからの午後の授業なので眠かったり疲れていたりしますが、大学の授業も取るべきだと思いました。前期に授業を取らなかったことを思うと少しもったいない気もします。

 

 

治安、危険を感じたこと、トラブル等について

治安については特に何もなかったと思います。韓国でニュースを見ることがあまりないので聞くまで詳しく知らなかったのですが、日本にいる家族や友達から日韓の関係について聞く機会が多い時期がありました。韓国で大丈夫かと聞かれることが多かったですが、実際に街でデモなどを目撃することもなかったし大丈夫でした。

私が日本に帰っている間に起った問題がひとつありました。一週間ほどの日本一時帰国中に韓国に残っている同じ龍谷大学の留学生から寄宿舎の部屋が確保されていなくて次の4か月間住むことが出来ないという連絡をもらいました。部屋の確保については東国大学の日本人学生担当の先生がしてくれていました。同室の龍谷学生が一番先に先生と電話がつながり、そのおかげで私が住んでいた部屋は何とかそのまま継続して使えることになりました。しかしもう一人の龍谷学生と関東の大学から来ている二人は住む部屋がなくなってしまい、違う空き部屋に移動したり、その時は私がいなかったので一人はこちらの部屋に移動して2、3日住んでいました。でもすぐに新しい学生が入居してくるので違う寮に引っ越ししろと言われ、3人は東国大学の3つの寮のうち一番遠くにある寮に引っ越しさせられました。空き部屋が確保できるまでの1週間ほどをそこの寮で暮らし、結局二人は学校内にある元の寄宿舎に帰って来ることができたけど残りの一人は今も学校から一番遠い寮に住んでいます。留学が始まってからずっと住み続けていた寄宿舎に住めなくなるのはあってはいけないことだと思うし、結局帰って来ることができた二人も短期間に2回も引っ越しをさせられています。私が日本にいる間に起ったことだったから本当に驚きました。もし私もその時同じように住む場所がなくなっていたら直接理由も聞けないし何も行動を起こせない状態でした。そう思うとものすごく怖いです。

 

自由テーマ

9月9日に行った仁川韓流コンサートについて書きたいと思います。このコンサートは友達がネットで調べて見つけてくれました。多くのグループが出演するコンサートで、BoA、KARA、INFINITEなど韓国だけでなく日本でも有名な歌手もたくさん出ていました。スタンド席のチケットしか取れないものだったのですがチケットの価格が無料でした。ステージに近いグラウンド席はツアーで組まれていてすごく値段が高かったらしいです。それと同じものを無料で見ることが出来たのでものすごく得した気分でした。私は韓国の音楽が大好きで、韓国留学したらコンサートとかいっぱい行ってやる、せっかく現地にいるのだから大好きなK-POPいっぱい聞きに行くぞ、と思っていたのに実際は全然行けていなくて考えれば考えるほど悲しくなってきていました。そんな時に行ったコンサートだったので全力で楽しみました。その2週間後にも5000ウォン(日本円で400円しない)のチケット価格でコンサートに行きました。それも多くのグーループが出演するコンサートでした。終わってからこのコンサートについて少し調べていたら日本人向けに販売されているチケット価格を見つけました。5000円でした。私たちが取った席とは違う良い席のチケットかもしれないけれど、韓国にいるからこそ低価格でチケットを買うことが出来たのではないかなと、留学しているからこそ得ることが出来たと思ってうれしくなりました。もう留学も半分を過ぎてからだいぶ経ちました。やっぱり時間を無駄にしないようにいっぱい行動して留学中にやりたいこと、やれることはなるべくたくさんするべきだと思います。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.