龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東国大学校マンスリーレポート

東国大学校

2010年5月号 法学部 S.Y

レポート作成法学部 S.Y

■ 日本から持って来て良かったもの、持って来たら良かったと思うもの

 まず最初に日本から持って来て良かったものは、教科書・本・服・現金・薬・韓国のガイドブックなどです。
 日本語で書かれた教科書や本は、こちらでも大きな書店に行けば買うことはできますが、やっぱり使い慣れた単語帳やワークはいつでも復習・読み返しができるし、あると便利だと思うので、行く時に少し重くても持って行くべきだと思います。
 服については、韓国と日本の流行の違いで、もしかしたら気に入る服を探すのが大変かもしれません。なので、始めのうちに服、靴をまとめて持って行くといいと思います。ただ、4月までは寒い日が続いていたにも関わらず5月になると急に真夏のような暑さになるため、春服の出番は無いかもしれません。
 あと現金についてですが、韓国に来てすぐは生活用品を揃えたり、教科書を買ったり、携帯電話を契約したりといろいろお金が必要ですが、奨学金が入る日が確定ではないため(ちなみに寮は先払いの上に日にち確定)はじめにあまりお金を持って来ていないと少し心配になるかもしれません。もちろんお金が足りなくなった友人はいませんが、余裕をもてるように現金を持って来ておくのも手だと思います。
 あと結局必要は無かったのですが、花粉症の薬や目薬なども持って来ました。胃腸薬など、薬は飲み慣れているものを買って来たほうが安心できると思います。
 ガイドブックですが、これは絶対持ってくるべきだと思います!友人の紹介などで美味しいお店やいいスポットを知ることもできますが、ガイドブックには地図も細かく書いてあるし、一人でブラブラしたい時・少し遠くに行きたい時などとても重宝します。また日本人向けのガイドブックにも、地元の人が多くて観光客が少ない穴場などもあるようなので、暇な時に見ながら「どこに行こうかな~?」と考えるのも楽しいと思います。
 持って来たら良かったと思うのは、USBメモリーと日本の調味料です。USBメモリーは語学堂でも講義でも発表時に無いと困ります。日本の調味料(コンソメ・塩コショウ・うどんスープなど)はスーパーにほとんど種類が無いので、持って来ると便利だと思います。
 
■ 現地の学生、友人について
 韓国の学生は思ったよりも日本の学生と変わらない、というのが正直な印象です。
 ただ、人にもよりますが勤勉な学生が多いような気がします。図書館に行くと時間によっては席が無いくらい勉強していますし、カフェに入っても大学生が勉強をしている姿をよく見ます。でもその反面、日本人よりもお酒が好きな人がとても多いです。学校の行事でMTといって、学部内での親睦を深めるために田舎の方に泊まってゲームをしたりご飯を食べたりするのですが、それもメインはお酒です。昼間から校内でマッコリを何本も飲んでいる学生たちもいて、日本と違ってとても新鮮でした。授業中は、私が受けている授業では先生がちょこちょこ言うギャグや面白い話にみんな笑ったり、和やかなムードです。ただ、韓国では儒教の教えもあってか、日本のように先生に対して親しい感じで話す学生はほとんどいないと韓国の友人から聞きました。学生は日本に比べると積極的な人が多いです。発表するときも堂々と発表する人が多く、見習いたいと思いました。ただ、全員が全員そうではなくシャイな感じの学生ももちろんいます。前にチューターの友達と夜から居酒屋・カラオケに行ったのですが、その友人は次の日「眠い・・」と言いながらも授業があるからとそのまま学校に行きました。思いっきり遊んでも、学校にはちゃんと行って勉強するのが韓国のスタイルなのだなと感心してしまいました。
■ 語学堂・春学期終了
 早いものでもう語学堂の春学期が終了してしまいました!なのでこの春学期のことを書こうと思います。
 私は始めのクラス分けテスト(筆記・面接)で4級に決まったのですが、正直最初の授業を受けた時、先生は韓国語しか話さないし日本人は一人もいないし「レベル間違った・・!」と思いました。
 今まで大学の韓国語の授業をとっていたわけでもなく完全に独学だったため自分の今のレベルもわからない上、文法がある程度わかっても聴き取れないし言いたいことも喋れない状態でしたが、たまたま面接の会話が簡単で普通に会話ができたせいで自分に合っていない級に来てしまったのではないかと心配になりました。
 先生も最初、「難しいと思う人いますか?」と何度も確認をしてくださったのですが、その度に一人だけ手を挙げていました。自分から他の級に移ることもできたのですが、友達が「少し難しい方が頑張れるんじゃない?」とアドバイスしてくれたので、そのまま頑張ってみることにしました。それからは、ついていくのが精一杯という状況だからこそ勉強嫌いの私でも予習・復習をしなければならない状況をつくり出すことが出来ました。先生も毎日の授業・宿題でわからないところがあればいつでも教えてくださるし、勉強以外でも元気が無いときは気にして声をかけてくださったりと、大変でしたがいい友達や先生と楽しく勉強することができました。次に東国大学に留学する方も、最初は慣れなくて不安になることもあるかと思いますが、慣れるので大丈夫です!最初はついて行けなくてもすぐにちょうどよくなると思います^^ 私は春学期が終わり少し燃え尽きてしまいましたが3週間しっかり休んで、また夏学期頑張ろうと思います!!

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.