龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東亞大学校マンスリーレポート

東亞大学校

2017年2月号 文学部 A.M

レポート作成文学部 A.M

この留学を振り返って

 

 

1年間の留学を通して様々なことを学びました。まずは韓国語の実力です。留学前は韓国がほとんどできず、語学堂では初級からのスタートでしたが、無事に高級まで終えることができました。また目標にしていたTOPIK6級も現地で取ることができました。もちろんネイティブのレベルには及ばず伝わらなかったり聞き取れないことも未だに多く、満足していない部分もありますが留学前よりは確かに上達したと手ごたえを感じています。

また留学を通じて現地でしか体験できないような貴重な経験をたくさんできました。韓国で授業を受けたり、様々な国の友達と親しくなったりと毎日が新しいことばかりでした。その他にも友達と旅行に出かけたり、文化体験をしたり語りきれないほど多くの貴重な経験ができました。

さらに1年間家族の元から離れて自立して暮らしたことも大切な経験となりました。ルームメイトはいたものの一人で自立して生活するということは思っていた以上に大変なことでした。身の回りのことを全て自分で行いトラブルが起こっても自分自身で解決しなければいけませんでした。大変だったが自信がついた。しかしいくら自立することができたといってもやはり一人では留学を無事に終えることは出来なかっと思います。困難や問題が生じたときはいつも周りの友達や家族が手を差し伸べてくれました。私は留学を通して私を支えてくれている周りの人々の大切さに改めて気づきました。有意義な留学生活送れるようにいつも私を支えてくれた友達、家族、そして先生方、全ての方に感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰国後どう留学経験を活かす予定か

 

帰国後、日本での生活では韓国語に触れる機会は大幅に減ると考えられます。私は留学を終えても韓国語の勉強を続けて語学力の維持に励むつもりです。留学以前からの趣味だった韓国ドラマや音楽の鑑賞に積極的に取り組み、韓国語に触れる機会を少しでも多く作りたいと思っています。また4月にはTOPIKを受験するので6級合格という目標に向けても今まで以上に勉強に励もうと思っています。

そしてもう1つ、身に着けた韓国語を是非就職にも活かしたいと思います。語学力はもちろん、留学生活で学んだ多くの経験を糧に就職活動に取り組む次第です。また留学で得た経験を決して無駄にせず、留学で得たチャレンジ精神やコミュニケーション力をあらゆる場面で発揮できるように頑張ります。

最後に1年間マンスリーレポートを御覧になって下さってありがとうございました。

 

 

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.