龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東亞大学校マンスリーレポート

東亞大学校

2016年3月 文学部 A.M

レポート作成文学部 A.M

・オリエンテーションについて

 

2月28日に金海空港に到着し、1年間の留学生活がスタートしました。これから1年間、皆さんに留学の様子をお伝えしていきます!どうぞよろしくお願いします!

 

第一回目はオリエンテーションについて紹介します。2月29日の10時から12時までの2時間にわたって行われました。オリエンテーションはブミンキャンパス内の教室で行われました。留学生は日本人のみで、バディも一緒に参加してくれました。国際交流課の日本担当の黄さんが日本語で留学生活に関して説明してくれました。その内容を簡単に紹介します。

 

はじめに留学生活全般に関する説明を受けました。その後は外国人登録証の発給、韓国語講座や学部授業の申請、銀行口座の開設、奨学金に関する案内など細かく教えていただきました。提出しなければならない書類がたくさんあり、韓国語で書かれたものもありましたが、バディの方が手伝ってくれました。提出するものは具体的にパスポート、外国人登録証申請書、在学証明書、健康診断証明書、証明写真です。証明写真は背景が白い物を準備して下さい。背景が灰色や水色のものは使用できません。日本で提出した証明写真をオリエンテーションの際に返却してもらいますが、私の場合、背景が灰色だったので現地で撮りなおさなければいけませんでした。皆さんも気を付けてください!!ちなみに写真の大きさは35mm×45mmと30mm×40mmの2種類必要です。

 

ここまで簡単にオリエンテーションについて紹介してきました。わからないことがあればバディの方が何でも教えてくれるので、何の心配もいりませんでした。まだここへきて1週間でわからないことばかりなのですが、一生懸命勉強して楽しい留学生活を送っていきます!!

 

 

・サークルについて

 

続いてサークルについて紹介します。韓国へ来て1ヶ月が過ぎました。段々こちらの生活にも慣れてきて、毎日楽しく過ごしています。学校生活も始まり、私はBFFFというサークルに入りました。BFFFは留学生と韓国人の学生がペアになって語学を学ぶサークルです。週に1度集まって、グループに分かれて討論をしたり発表をしたりします。また月に1度の合宿もあります。私はまだ合宿に参加したことがなく来週が初めてなのですが、とても楽しみです。

 

このサークルに入って約2週間が経ちました。様々な国の留学生と交流でき、韓国人の学生ともたくさん友達になれました。韓国人と交流できる場があまりなかったのですが、このサークルに入ったおかげで韓国語を話す機会が増えました。また、私は日本でサークルに入ったことがなかったので、今、留学先でサークルの経験ができて本当に良かったと思っています。

 

私が加入したサークルのほかにも東亞大学には様々なサークルがあります。音楽やスポーツ、語学など、龍谷大学にもあるものから、理系分野のものや芸術系の珍しいサークルもあるようです。校舎に入るとこのような多様なサークルの募集を目にすることができるので、ぜひ一度覗いてみて下さい。そして気に入ったサークルがあればぜひ入ってみて下さい。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.