龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東亞大学校マンスリーレポート

東亞大学校

2014年4月号 国際文化学部 K.Y

レポート作成国際文化学部 K.Y

・環境について

私が現在通っているスンハクキャンパスは山の斜面に建てられています。それ故にキャンパス内には坂と階段が多いです。学校の正門の奥には108段もある階段があり「108階段」と呼ばれ有名です.

大学内には食堂、レストラン、銀行、郵便局等の施設があるので、坂を下ってキャンパス外に行かなくても大抵のことは済ますことができます。食堂のメニューは日替わりで2500ウォン〜3000ウォン(約250〜300円)で食べられます。大学には保健室もあります。私はまだ利用したことがありませんが、体調が悪いときにいけば無料で薬をもらえるそうなのでしんどい時にはとても助かると思います。

寮はキャンパスの一番高い位置にあります。行きは下り坂なので授業を受けている建物まで歩いて通っていますが帰りは上り坂なので基本的にバスに乗って帰っています。寮の前にも階段があるので毎日上るのは大変です。寮は2人1部屋でシャワーとトイレがついており、ベッド・机・棚・クローゼット等が元々設置されていました。インターネットの有線もあります。部屋は冷暖房完備ですが全て一括管理なので時々暑すぎる時もありました。寮の門限は夜12時です。また月曜日から木曜日は夜12時に点呼があります。寮の中には食堂・売店・洗濯室・コンピュータ室等の施設があります。

大学の近くには様々なお店があります。飲食店やカフェ・文房具店・コンビニ・化粧品屋などがあるので困りません。日本料理のお店も何軒かあります。  寮から最寄りの地下鉄の駅までは徒歩25分程度です。大学内と駅の間を循環する学校のバスに乗れば10分程度で駅に着きます。

 

・釜山でお花見

釜山でも3月の終わりから4月にかけて、桜が見頃でした。日本の関西とだいたい開花時期は同じくらいだったと思います。キャンパス内にも桜の木がたくさんあり本当に綺麗でした。友達同士で写真を撮りあっている人をたくさん見ました。

語学堂の同じクラスの中国人4人と日本人2人でお花見に行ってきました。まず동래(トンネ)という学校から地下鉄で1時間くらいのところに行きました。ここは川に沿ってたくさんの桜の木が咲いていました。川に沿って遊歩道があり桜を見ながら散歩したのですがこの日は本当に天気がよく、気分もとても良かったです。桜の写真もたくさん撮り友達との写真もたくさん撮りました。

それからまた地下鉄に乗って광안리(カンアンリ:広安里)に行きました。大橋とビーチが有名なカンアンリですが近くに桜がとても綺麗な場所があると語学堂の先生が教えてくださったので見に行きました。住宅アパート街(日本で言うマンション街)にある道が桜並木でした。この道は車も通る道だったので駐車している車や通行する車も多かったです。写真はカンアンリで撮ったものです。

どちらの場所の桜も本当に綺麗でした。やはり韓国人も桜が咲くとお花見に出かけるそうで、桜が綺麗だと有名な場所はどこも人が多かったです。しかし日本のように桜の木の下で食べ物を食べたりお酒を飲んだりしている人はやはり一人もおらず、日本のお花見は日本の文化なのだと実感しました。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.