龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

東亞大学校マンスリーレポート

東亞大学校

2017年5月号 国際文化学部 M.B

レポート作成国際文化学部 M.B

①カルチャーショックについて

私が4ヶ月ぐらい韓国に住んでみてカルチャーショックを受けたことは特にありません。だけど文化の違いを感じることは多々あります。それを紹介します。

まずは交通機関です。バスや地下鉄は1乗り1000ウォンから1500ウォンで乗れます。バスの運転はとても荒いです。つり革等を持たないとこけます。また自分が降りる一個手前で降車口の前で待たないと、駅に到着してから降りようとすると扉を閉められてしまいます。気をつけてください。地下鉄ではおじいさんやおばさんが車内で物を売っていることがあります。あまり買う人はいませんが、同情で買う人もいます。ですがあまり買わない方がいいと思います。また韓国はどんなに席が空いていても優先座席には座りません。そしてお年寄りには日本よりも席を譲る習慣が強いです。あとタクシーは初乗り2800ウォンでとても安いですが、運転は荒いです。

あとは男女ともに道ばたにつばを吐く人が多いです。女もするので初めて見たときは驚きました。また韓国は恋愛大国なのでカップルが本当に多いです。どこでもかまわずイチャイチャしています。私は見ていて不愉快ではないので、楽しい文化だと思います。そしてタバコの分煙がすごいです。店の中で吸えるところがほとんどなく、店の外で吸っているので道ばたが汚れています。  このようなことも異文化理解なので違う視点から見ると良いと思います。

 

②韓国の大学生について

韓国の大学は日本と違い中間と期末テストがあります。なので1年に4回テストを受けなければなりません。韓国は学力社会なので大学受験のときも朝から夜遅くまで勉強しますが、大学生もそうです。2週間前ぐらいから勉強を始めます。そしてとても一生懸命です。図書館や寮の自習室等も遅くまで人がたくさんいます。またテスト期間中は寮の点呼もありません。そして韓国は軍隊制度があるので、26,27歳での卒業も多いです。

このように勉学にとても力を入れるので私たちも見習わないといけないと思いました。

 

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.