龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

アサンプション大学マンスリーレポート

アサンプション大学

2016年9月号 経済学部 K.N

レポート作成経済学部 K.N

【環境について】

ABACのキャンパスはとても広く、大学内に食堂やATM、郵便局、コンビニ、サッカーコート、テニスコート、スイミングプール、ジム、図書館、書店など様々な施設があります。食事は主に大学内で食べますが、毎日それではさすがに飽きてしまうので(といっても大学内にはタイ料理を始め、中華や韓国料理、イタリアンなどのいろんなお店があります)、私は週に2,3回程度学校の外の屋台や市場に友達とご飯を食べに行っています。そこでは地元の人たちの生活を垣間見ることができますし、何よりも大学内で食べるよりも値段も安いのでこれからもっと新たなお店を開拓していこうと思っています。また、ABACはバンコク中心部からは少し離れたところに位置しています。初めはそれを不便に思うこともありましたが、大学から、近くのBTSやショッピングセンター等には何台もvanが出ていて、それを使いこなせるようになった今では不自由さを感じることはありません。ABACに留学に来た際にはvanの時刻表を早々にゲットすることをおすすめします。よくご飯を食べに行く屋台(カオマンガイがとても絶品!)と、近くにあるお寺の写真です。

 

 

 

 

 

 

【Re-Entry Permitについて】

9月の上旬に私が所属するゼミが主催する、ベトナムでの研究旅行に参加してきました。今回はその際に必要となったRe-Entry Permit(再入国査証)についてお話しします。タイに留学に来る際には90日間有効のNon-Immigrant Visaを取得します。しかしこのVisaは一度国外に出てしまうと無効となってしまうため、そうならないためにこのRe-Entry Permitが必要です。今回私は、出国日当日にスワンナプーム国際空港でこちらを申請しました。手順としては、1.チェックインを済ませボーディングパスを持って4F(出発フロア)カウンターのFとGの奥にある申請所へ行く。2.申請用紙に記入する。3.申請料1,000bahtを支払う。といった感じで、4×6cmの写真を持参するとスムーズです。とても空いていたので全て合わせて20分程度で済みました。国外へ行くときにはこちらの申請をくれぐれも忘れないようにしてくださいね。こちらは取得したRe-Entry Permitと研究旅行での写真です。ベトナムではとても学びのある充実した6日間を過ごしました。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.