龍谷大学グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

  • 龍谷大学グローバル教育推進センター

過去のレポートはこちら!

アサンプション大学マンスリーレポート

アサンプション大学

2010年8月号 経済学部 R.I

レポート作成経済学部 I.R

授業紹介②

今回紹介したい授業は、”International Trade”です。将来、真剣に貿易センターや商社など、輸入や輸出に関わる仕事がしたいと考えている人にとっては、最適な科目だと考えます。授業で使用するテキストは、アサンプション大学の先生が作ったもので、各チャプターに、それぞれReading(重要項目などをまとめたもの)、Listening・Speaking(実際に行われる取引などに用いられるビジネス会話をダイアログと元に勉強する。)、Special Terminology(貿易で実際に使われるもので、具体的な例も載せてある。)Useful Expression(それぞれのチャプターに基づいた内容の会話集)最後に、Writing and Group Discussion(実際のビジネス場面を仮定して、チャプターに関連する問題を解き、討論をする。次に授業内容について説明したいと思います。ここでは、international tradeの流れについて全て学ぶことができます。具体的には、international tradeの概念、importと exportの仕組みまたは順序など(商品の発注の仕方や専門的な注文書の書き方など)。また、そのtradeの際のtrade barrierや、その他注意事項など幅広くそして詳しく教えてもらえます。この授業の先生は、もともとinternational centerの高いポジションにいて、多くの知識と経験を持たれている方なので、実際の体験談も交えながら分かりやすく、そして丁寧に授業を進めてくれます。最後に、この授業を通しての貴重な体験をお伝えしたいと思います。私達は、タイの貿易センターを訪ね、実際に働いている人たちからの特別講義を受けることができました。また、後期の授業に登録すれば、実際のトレードショーに参加できるかもしれません。ぜひ興味がある人は、この授業を受講してもらいたいです。

治安、危険を感じたこと、トラブル等について

実際に、タイに来て大きな危険やトラブル等はなく、平穏無事に日々生活ができています。そのため、いくつか友達から聞いた話や私自身が恐ろしく感じたことなどを紹介したいと思います。海外へ行ったらどこでも同じで注意をする必要があると思うのですが、やはり貴重品の管理には気をつけなければなりません。アサンプション大学のある先生は、寮の部屋の窓から侵入されて、パソコンが盗まれたりする例もあれば、私が住む寮の中で、外部の人が普通に寮生の友達を装って侵入し、堂々と金銭を盗むという例もありました。なので、やはり貴重品は必ずスーツケースに入れて、鍵をかけるように心掛けています。次は自動車の例です。アサンプション大学の学生の数多くが、毎日車で登校してきます。そのためよく衝突事故などの話を聞きます。つい一ヶ月前ほどに、実際にアサンプションの学生2人が交通事故で亡くなってしまいました。原因は、飲酒とスピードの出し過ぎによるものらしいです。こちらに来て感じることは、タイの警察は、飲酒、スピード違反、その他諸々、日本の警察に比べてとても甘いです。そのため多くの交通事故がタイでは起こっています。友達の車に乗り合わせるときや、タクシーを利用するときも、交通ルールを守らない運転手が多いのでとても危険に感じます。

自由テーマ

今回は、「発見」と題して私がタイに来てから気づいたことを話したいと思います。一つ目は、友達と映画館に行ったときです。ここでまずビックリしたことは、料金です。だいたい日本では、1500円ぐらいから2000円だと思います。しかし、タイではたったの300円ぐらいから400円と破格の値段で見ることができます。そして、その後映画館に入り、映画が始まるまで別の映画の紹介やマナーの映像が流れると思うのですが、タイでは、その後に必ずタイ国王の映像が3分から4分ぐらい流れます。その間全員起立しなければなりません。このときにタイでは国王はとても崇拝されているのだと感じました。これは、日本にはない独特の文化だと感じました。二つ目は、タイには一つの交通手段としてボートがあります。以前それに乗ったときにあった発見は、貧富の差でした。川沿いには多くの暮らしがあり、そこで生活する人たちの多くの家は、トタン屋根などで作られたものや、壊れかけのものなど、バンコク市内には存在しないような家が並んでありました。やはり一歩町に出て散策してみると、今まで私が知らなかったことがたくさん転がっているように思います。だから、常に外出するときは、アンテナを張り巡らせていろいろな情報を吸収していき、日本とでは何が違うのか比較し考えてみたいです。

エントリー一覧

このページのトップへ戻る

本レポートに掲載された内容は、あくまでも個人の感想であり、本学として掲載内容の正しさを保証するものではありません。
出願前には、各大学のウェブサイトおよび本学の募集要項についても、併せて確認するようにしてください。

龍谷大学グローバル教育推進センター
TEL / 075-645-7898 FAX / 075-645-2020
E-mail / r-globe@ad.ryukoku.ac.jp

copyright © Ryukoku University All Right Reserved.